私はシャッターを押す。その細い手で一心不乱に物語を紡ぐ姿を、苦悩で歪んだ横顔を、希望など抱かない瞳を、ふっと緩ませた唇を。まるで骨まで残らず写し出すように。何度も何度も。
小説家・嶽本野ばらを撮り続けて三年という月日が流れた。その間ずっと私は虚構の世界にいたような感覚だった。
しかしこの世界こそが彼にとっての現実であり、そこで生きる姿は今にも消えてしまいそうに儚く、孤独で、そして見事なまでに美しかった。
私は長い間カメラ越しに、この被写体の「生きざま」という名の小説を読んでいたような気がする。
彼が在る限り綴られていくこの世で一つしかない小説を。
short hope
著者名:宮下マキ
art direction:ミルキィ・イソベ
発行日:2007年5月25日
定価:2940円(税込)